ブログネタ
行った場所や気になる場所 に参加中!
千と千尋の神隠し気分に浸れる豎崎路から汽車路への道情報

※その他新北市瑞芳区情報
http://www.wspot.biz/archives/new-taipei-city-chiufen-area.html

※その他九ふん情報
http://www.wspot.biz/archives/jiufen-matome.html
場所
中華民国(台湾)新北市瑞芳区Googleマップの地図

行き方
台湾鉄路管理局瑞芳駅下車。下車後タクシーで15分ほど。

交通の便
宜蘭線は1時間に3~4本電車が、深澳線は1日17往復の汽車があり。

簡単な感想

九ふん一注目されているであろう、千と千尋の神隠し気分に浸れる豎崎路から汽車路へ続くルートを歩いてみることに。
_DSC7327
入口からお手洗いがあって寒い日には嬉しい気持ちになりながら進んでいくと
_DSC7329
人にまみれたビューポイントを発見。
_DSC7332
しばらく人の波にそって進みながら激写&激写!
_DSC7335
段々と九ふん一注目されるお茶屋さんこと、九份阿妹茶酒館の看板が見えてきます。
_DSC7343
九份阿妹茶酒館の横には踊り場のような場所があり
_DSC7348
脇にずれて九份阿妹茶酒館を激写!

なお、九份阿妹茶酒館にはしっかり入店してお茶を楽しみました。

九份阿妹茶酒館の感想記事
http://www.tabenomi.info/archives/ahmei-tea-house.html

_DSC7355
踊り場のようなスペースには、かつて九ふんが金鉱で栄えたことを忍ばせる銅像を設置。
_DSC7359
観光POPには夜にライトアップされた九ふんの姿を忍ばせるイラストが描かれており、今度は夕方に行ってみたい気分になりました。
_DSC7361
なお、九份阿妹茶酒館の看板には千と千尋の神隠しの湯婆婆の湯屋と書いてありました。
_DSC7369
せっかくなのでお店が連なるエリアも見たくなったのでさらに階段を下ってみることにします。
_DSC7370
階段を下った先には、小籠包を大きくしたような湯包のお店を発見。
_DSC7379
開けたエリアにたどり着くと、提灯が照っている姿がアニメの世界のようでビックリ!
_DSC7381
せっかくなので味のある風景をバシャバシャ激写しました。
_DSC7382
九ふんには民泊エリアもあるようですが
_DSC7386
今回はサクッとさらに先に見える階段を下ってみることにしました。
_DSC7392
階段を降ると非常に地味地味な雰囲気へと変わり
_DSC7394
観光地と言うよりも隠れデートスポット的な雰囲気に早変わり。
_DSC7395
お土産店もありますが、美観地区のごとくアピールは少なめでした。
_DSC7396
来た道を振り返ると、まるで住宅街のような雰囲気なのでかなり静かです。
_DSC7399
更に進んでくと空が急に開けたエリアにたどり着き
_DSC7400
奥の踊り場のようなスペースには大きなガジュマルの木を発見。
_DSC7401
こういった熱帯系な樹木を見ると、寒くても亜熱帯感満点な気分に浸れます。
_DSC7402
踊り場エリアは公園のようにきれいに整備されており
_DSC7403
看板には彰園と書かれており、かつてここにお屋敷があったかのようなことが書かれていました。
_DSC7405
崖下から民泊宿の姿を激写したあとは
_DSC7408
残りの階段を下って先に進んでいくと
_DSC7412
九ふんガイドマップの前に到着。
_DSC7414
目の前は車が通る汽車路となっており、崖下まで降りてきたことが地図を見て分かりました。
_DSC7420
しばし休憩後は、汽車路前より豎崎路を登って観光エリアへと戻ります。
_DSC7427


お勧め度
5段階評価で5